きゅうり

福島県を代表する野菜のきゅうりは統一ブランド「パワーグリーン」という名称で出荷され、岩瀬地方を中心に県内全域で栽培されています。

7~9月にかけての生産量は全国第1位で京浜市場の約40%のシェアを占めています。
緑色が濃く、表面のイボが痛いくらいとがっているものが◎。
サラダ、浅漬け、酢の物のほか、冷やし中華の具には欠かせません。
そのまま、もろみをつけてまるかじりでも◎。
ほとんどが水分なので暑い夏の水分補給に。
ビールのつまみにもグッド。

トマト

1日1個の夏場の栄養補給。「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるようにビタミンCが特に多く、ビタミンンA、カリウムなども多い栄養豊富な野菜です。

夏秋期の出荷量は全国2位。
白河地方や南会津地方など昼と夜の温度差が大きく、標高400m前後の地域で栽培されています。
全体に硬くしまり、丸みがあり、ヘタが緑色でいきいきしたものが◎。
サラダ、スープ、サンドイッチほか、あらゆる料理のつけあわせにどうぞ。

いんげん

栄養バランスの良い野菜です。

7~9月にかけての生産量は全国第1位。
阿武隈山間地域や会津地方など夏の気候が比較的涼しい地域で栽培されており、福島の旬は7~9月です。
緑が濃く、細めでみずみずしいものが良い。
サラダ、おひたし、バター炒め、天ぷら、ごまあえ、煮物などがグッド。
ビタミンB1、B2、たんぱく質、食物繊維、アミノ酸などを多く含む。
栄養素がバランス良く含まれているので、夏バテ防止にも効果的です。

ピーマン

生食でも味わい良く、加熱すると柔らかくなり、独特のにおいも和らぐ風味の良い「ピーマン」なら福島産。

濃い緑色でツヤがあり、全体に張りがあり、肉厚のものが◎。
サラダ、ピーマン肉詰め、天ぷら、炒め物全般など肉、油との相性がばつぐん。
ビタミンA、Cが多く含まれており、他にビタミンB1、B2も含まれる。
栄養的にも申し分ない野菜です。