福島県は、春のサクランボから始まり、夏のモモ・ブドウ、秋のナシ・リンゴ、冬のイチゴ、あんぽ柿と、一年を通しておいしい旬の果物が出荷されています。
福島自慢のフルーツを、ぜひご賞味ください。

プラム(日本スモモ)

プラムは6月下旬より収穫が始まる『大石早生』から、8月中旬から収穫される『太陽』まで、長期間に渡って味わえる果実です。ソルダムや紅りょうぜん等さまざまな品種が栽培されており、なかでも『大石早生』や『紅りょうぜん』は福島県発祥の品種で、福島県はプラムの出荷量全国6位を誇ります。

もも

福島県のももは『果樹王国ふくしま』を代表する夏の果物です。

生産量は全国第2位を誇り、特に主力品種の『あかつき』は、肉質が緻密で果汁も多く、全国的にも人気の品種であり、おいしさは抜群です。

ももはとても繊細な果物です。実が熟す収穫のピークは1週間程度であり、収穫後の日持ちもあまりしないため、おいしいももを味わえる期間はごくわずかとなります。ももの産地の福島では、7月頃から収穫される早生品種の「はつひめ」から、日川白鳳、暁星(ぎょうせい)、あかつき、まどか、川中島白桃、ゆうぞら、黄金桃、さくら白桃と、9月頃まで様々な品種のももが、順番に収穫のピークを迎え、出荷されます。品種によって味や果肉の硬さも異なりますので、ぜひ様々な品種を味わってみてください。

収穫されたももは光センサーで選果されますので、一定の糖度をクリアしたももが出荷されます。

食べる2~3時間前ぐらいに冷蔵庫で冷やすと、おいしく召し上がれます。暑い夏の夜のデザートには、冷やした甘いふくしまの桃をぜひご賞味ください。