福島県は春のイチゴ・サクランボから始まって、夏のモモ、秋のナシと周年でおいしい果物が出荷されています。
生産量日本一を誇るあんぽ柿と5月まであるイチゴは、どちらも甘くて栄養のある果物です。
贈り物やお子様のおやつとして、ぜひご賞味下さい。

さくらんぼ

福島県のさくらんぼは主に県北地方を中心に栽培され、福島の春を代表する果物です。さくらんぼは収穫期に雨に濡れると割れてしまうため、雨除け栽培で大事に育てられる果実で、福島県ではおおよそ5月初旬頃から出荷が始まり、山形県よりも早く春の味覚を味わう事ができます。おいしいさくらんぼは、表面がなめらかでツヤがあり、果肉がしまって粒の揃ったものがお勧めです。

いちご

福島のイチゴは新鮮な空気ときれいな水で育てられた甘くておいしいイチゴです。色々な品種がありますが、早いものは12月から出荷が始まって、春先の5月まで長期に渡って出荷されています。特に、暖かくなっても大玉で品質の良いイチゴを食べる事ができるのが最大のポイントで、甘味と酸味が程良く調和した爽やかな味わいをお楽しみ下さい。イチゴは表面に光沢があり、張り・ツヤの良いものを選びましょう。