牛肉の部位・名称

1.サーロイン

香り、風味ともに最上の部位。柔らかく霜降りが多いので、肉の味そのものを味わうステーキなどに適しています。

オススメ料理
ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼き、ローストなど

2.ヒレ

1頭の牛からわずかしかとれない高級部位。キメが細かく、柔らかく、脂肪が少ないのが特長です。調理するときは、火を通しすぎないよう、注意。

オススメ料理
ステーキ、ロースト、ビーフカツなど

3.らんいち

きめが細かく、柔らかい赤身肉。あっさり味でいろんな料理と相性が良く、生食にもあう肉です。

オススメ料理
ステーキ、ロースト、すき焼き、牛さし、タルタルステーキなど

4.リブロース

とてもやわらかく、風味豊かで霜降りの多い肉です。

オススメ料理
ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼き、ローストなど

5.肩ロース

肩に位置するロース。きめ細が細かくて柔らかく、薄切りにして使う料理に合う肉です。

オススメ料理
ステーキ、しゃぶしゃぶ、焼き肉、すき焼きなど

6.肩

肩ロースを覆うように位置する肉。よく動く部分で風味もよく、筋肉が多い分、赤身が多いようです。

オススメ料理
すき焼き、しゃぶしゃぶ、鉄板焼き、炒め物など

ばら(7.肩ばら、8.ともばら)

あばら骨についた肉。三枚肉とも呼ばれます。胸の方を肩ばら、腹の方をともばらと呼びます。脂肪層を持ち、ビタミン・ミネラルを多く含みます。

オススメ料理
カレー、シチューなどの煮込み料理など

9.しんたま

後ろ足の付け根の部分。脂肪が少ない赤身で、タンパク質や鉄分を多く含みます。やや堅いので煮込み料理に適しています。

オススメ料理
カレー、シチュー、炒め物など

もも(10.外もも、11.内もも)

1頭の牛からわずかしかとれない高級部位。キメが細かく、柔らかく、脂肪が少ないのが特長です。調理するときは、火を通しすぎないよう、注意。

オススメ料理
ステーキ、ロースト、ビーフカツなど

12.すね、13.くび

名前のとおり、すねとくびの肉です。両方とも筋が多く硬い肉ですが、味は濃厚でおいしいので煮込み料理やスープに使います。

オススメ料理
スープなど