新着情報

2021年02月05日

山菜レシピの検討会を実施しました!

 まだまだ寒い日が続いておりますが、福島県からは、一足早く春の訪れを感じさせる山菜類の出荷が本格化しています。本年は新型コロナウイルスの影響で、普段たくさんの山菜類を購入いただく旅館や飲食店様からの注文が減少しており、スーパーへの売り込みが強まっています。

 皆様はスーパーで山菜を購入したらどうやって召し上がりますか?天ぷらはもちろんおいしいですが、おすすめの食べ方は他にもたくさんありますよ。

 24日(木)、JA全農福島では、㈱ケイエヌコーポレーション様のご協力により、福島自慢の山菜~ふきのとう、タラの芽、うるい、花・葉わさび~を使用した、皆様にお勧めできるレシピの検討会を行いました。

 選定したレシピはリーフレットにして県内外のスーパーや、直売所などで配布しますが、今回は、ページの都合で残念ながらリーフレットに載せられなかったレシピを公開したいと思います。ぜひ、ご自宅でお試しいただいて、ほろ苦い春の味を味わってみてください。

                  

                  

ふきのとうを使った「ふき味噌」(2人分)

材料: ふきのとう   ・・・100g    みそ     ・・・大さじ4

    みりん      ・・・大さじ2   砂糖     ・・・小さじ1

  1. 味噌(大さじ4)、みりん(大さじ2)、砂糖(小さじ1)をボウルに合わせて味噌だれを作る
  2. ふきのとうを6㎜前後にみじん切りする
  3. 強火で刻んだふきのとうを炒める(刻んだ後すぐに)
  4. 12分ほど炒め、ふきのとうがしんなりしたら、1の味噌だれを加える
  5. 弱火で34分かけて水分を軽く飛ばす

                  

                  

たらの芽を使った「たらの芽酢味噌がけ」(2人分)

材料: たらの芽   ・・・50g     白みそ    ・・・大さじ1

    みりん    ・・・小さじ2    酢      ・・・小さじ2

  1. たらの芽の袴部分を取り除く
  2. 沸騰したお湯でたらの芽を中火で1分間ほど茹で、湯切りをし、流水で冷やし水切りをする
  3. 酢味噌をかけて完成

                  

                  

うるいを使った「即席漬」(2人分)

材料: うるい   ・・・50g     セロリ   ・・・20

    きゅうり  ・・・50g     にんじん  ・・・20

    めんつゆ(もしくは白だし) ・・・大さじ4

  1. うるいを4㎝の長さに切り、その他の野菜もそれに合わせて切る
  2. ポリ袋に野菜、即席漬の素を入れ、空気を抜いて軽く揉む

                  

                  

葉わさびを使った「チキンソテー葉わさびソースがけ」(2人分)

材料: 鶏もも肉  ・・・300g     塩・胡椒  ・・・塩小さじ1/4 こしょう少々

    油     ・・・大さじ1/2    葉わさび  ・・・50

    オリーブオイル  小さじ1     醤油    ・・・大さじ2

    みりん   ・・・大さじ2     酒     ・・・大さじ2

    水どき片栗粉・・・適宜

  1. 鶏のもも肉に塩、こしょうをふり味をなじませる
  2. 油を引いたフライパンで、皮を下にして中火で約8分焼く、フライ返しや蓋で鶏肉を押さえて焼く
  3. 鶏肉を裏返して34分焼く
  4. フライパンを洗い、オリーブオイルを引き、葉わさびの茎の方から炒め調味料を入れ、葉と水どき片栗粉を加えてとろみがついたら出来上がり

ふきのとうを使った「ふき味噌」の内容を表示

ふきのとうを使った「ふき味噌」

たらの芽を使った「タラの芽酢味噌がけ」の内容を表示

たらの芽を使った「タラの芽酢味噌がけ」

うるいを使った「即席漬」の内容を表示

うるいを使った「即席漬」

葉わさびを使った「チキンソテー葉わさびソースかけ」の内容を表示

葉わさびを使った「チキンソテー葉わさびソースかけ」