新着情報

2018年03月05日

「JA全農杯チビリンピック2018 小学生8人制サッカー大会IN東北」開催

JA全農福島は、3月3日(土)~4日(日)に、福島県相馬市にある光陽サッカー場で開催された「JA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカーIN東北大会」に特別協賛しました。

開会式では、JA全農福島の佐藤勝則副本部長が「サッカーをするにあたっては身体が資本。長友選手も専門のシェフをつけて体調管理をしている。みなさんもきちんと食べて身体をつくり、サッカーに取り組んでほしい。全農は、これからも安全で新鮮な国産農畜産物をお届けしていくので、これを機に食と農を応援してください」と挨拶をしました。

この東北大会では各県代表の上位2チームの合計12チーム(約240名)が参加しました。優勝・準優勝のチームは、5月に横浜市で行われる全国大会に出場となります。全国への切符を賭け、どの試合も白熱した戦いが繰り広げられました。

2日間ともに快晴に恵まれ、試合終了のホイッスルが鳴るまで、選手たちは一生懸命にボールを追いかけていました。大人顔負けの素早い足さばきに、「おお~」と歓声が上がる一幕もありました。

 4日(日)の決勝戦では、福田SSS(青森県)と会津サントスFCジュニア(福島県)が対戦し、2-1で福田SSSが優勝しました。全国大会へは福田SSSと、会津サントスFCが出場します。福島県からの全国大会出場は初めてのこととなります。表彰式では佐藤勝則副本部長より、東北6県本部の副賞が贈呈され、選手たちの健闘を称えました。

見事優勝!福田SSSの選手たち。試合終了後、大盛り上がりでした♪の内容を表示

見事優勝!福田SSSの選手たち。試合終了後、大盛り上がりでした♪

会津サントスの選手たち。悔しい気持ちは全国大会で!!初出場おめでとう☆の内容を表示

会津サントスの選手たち。悔しい気持ちは全国大会で!!初出場おめでとう☆

どの選手も最後まであきらめませんでしたの内容を表示

どの選手も最後まであきらめませんでした

目指せ、未来の日本代表!!の内容を表示

目指せ、未来の日本代表!!