新着情報

2017年11月06日

ふくしまフードフェア2017 食の商談会 開催

10月31日(火)、郡山市のビックパレット福島で、福島県・株式会社東邦銀行・JA全農福島・農林中央金庫福島支店が主催となり、「ふくしまフードフェア2017食の商談会」を開催しました。この商談会は、JAグループ福島が主催に加わって4回目の開催であり、福島県内でも最大級の規模を誇る商談会です。今年度は187の県内事業者が出展し、個別商談件数も昨年度の381件を大幅に上回る500件が行われました。

開会セレモニーでは、各カテゴリーの出展者が参加し、㈱ワンダーファーム元木寛社長のガンバロー三唱のあと、福島の特産品「桃」のジュースで乾杯をし、1件でも多くの商談成約を目指すことを決意しました。

商談会には、JA全農福島畜産部、ジェラートカザロ、JAパールライン福島㈱、㈱JAライフクリエイト福島、JAふくしま未来、JA福島さくら、JA夢みなみ、JA会津よつばが出展しました。それぞれが特色ある自慢の商品を展示・PRし、訪れたバイヤーに熱心に売り込んでいました。会場には約1000名のバイヤーが県内外から訪れ、終日、活発な商談が行われました。

内堀県知事も福島牛の美味しさをPRしてくださいました♪の内容を表示

内堀県知事も福島牛の美味しさをPRしてくださいました♪

JAふくしま未来さんのブースの様子の内容を表示

JAふくしま未来さんのブースの様子

熱心に商談をするJA福島さくらさんの内容を表示

熱心に商談をするJA福島さくらさん

たくさんのバイヤーが訪れましたの内容を表示

たくさんのバイヤーが訪れました