新着情報

2017年10月18日

福島牛の美味しさを存分にPR!「東京食肉市場まつり2017」が開催されました!

たくさんの方にご来場いただきましたの内容を表示

たくさんの方にご来場いただきました

10月14日(土)、15日(日)の2日間、東京都中央卸売市場食肉市場で「東京食肉市場まつり2017」が開催されました。この催しは、毎年、一般社団法人東京食肉市場協会が主催となり、安全で安心な国内産牛肉・豚肉を一般消費者へPRする取り組みとして行われています。今年は福島県が「福島牛」を中心としたPRを実施しました。
午前10時からのオープンを前に、食肉市場の周辺は、開場を心待ちにするお客様で行列となりました。オープンと同時に、食肉・食肉加工品コーナーや、無料試食コーナー、大田市場の野菜販売コーナーなど、様々なブースは多くのお客様で大賑わいとなりました。

大盛況のお肉コーナーの内容を表示

大盛況のお肉コーナー

イベントステージで行われたオープニングセレモニーでは、相馬野馬追の「法螺貝」に始まり、内堀福島県知事を代表として、JA五連大橋会長、各JA組合長、農林中央金庫福島支店長を含めたJAグループ福島が一堂に会しました。内堀県知事は、「本日準備しました福島牛は、福島県内の生産者が丹精込めて育んだ一品です。豊かな自然のなかで育まれた多彩な農産物、酪農品目、銘菓やご当地グルメ、お酒など、ぜひ手にとって頂き、その美味しさを実感していただければと思います。」とPRをしました。

福島県の物産販売コーナーでは、ふくしま米需要拡大推進協議会による「お米すくいゲーム」や「こめ王様とのじゃんけん大会」のイベントのほか、JAパールライン福島㈱による新米「会津コシヒカリ」の販売、㈱JAライフクリエイト福島による桃ジュースなどの加工品販売、ジェラートカザロによるジェラートや、東北協同乳業㈱による「11/19B1ヨーグルグルトの販売など、JAグループが一丸となって、福島の美味しい農畜産物のPR販売に取り組みました。

雨天によるあいにくの天気が続いた2日間ではありましたが、イベント期間中、合計で約2万1千人の方が来場されました。季節外れの寒さに負けることなく、年に一度のお肉のフェスティバルは大盛況となりました。ご来場された皆さま、本当にありがとうございました。今回の市場まつりをきっかけに、より福島県産農畜産物に親しんでもらえると嬉しい限りです。JA全農福島は、今後も美味しい農畜産物を皆様の食卓に届けるべく努力してまいります。

福島の美味しいお米たくさん食べてください♪の内容を表示

福島の美味しいお米たくさん食べてください♪

お米すくいのコーナーです♪ぴったり量れるかな~??の内容を表示

お米すくいのコーナーです♪ぴったり量れるかな~??

福島の加工品はいかがでしょうか?の内容を表示

福島の加工品はいかがでしょうか?

ジェラートお買上げ、ありがとうございます♪の内容を表示

ジェラートお買上げ、ありがとうございます♪